キャンペーンコードをお持ちの方
会員登録はこちら
登録済の方
ログイン

脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク検査

(ロックスインデックス)

【ロックスインデックス】

脳梗塞・心筋梗塞は予防できます

こんにちは、神戸労災病院の井上信孝と申します。
脳梗塞・心筋梗塞は加齢とともに進行し、ある日突然発症する疾患です。
しかし、生活習慣を改善することで予防できる疾患でもあります。
LOX-index®の受診をきっかけに生活習慣の見直し等に取り組みましょう! 脳梗塞・心筋梗塞について詳しく知る

LOX-index®(ロックスインデックス)とは

LOX-index®は脳梗塞・心筋梗塞のリスクを調べる血液検査です。
血液中で酸化した超悪玉コレステロール“酸化変性LDL“と、それを血管の壁に取り込み動脈硬化を進ませる“LOX-1”というたんぱく質の2項目を測定し、将来の脳梗塞や心筋梗塞の発症危険度を評価します。 LOX-index®検査での測定物質について よくある質問ついて

結果報告書の見方について

総合評価グラフ

個別時系列データ

検査でリスクが高かった場合

生活習慣の改善に向けて

まずは、日々の生活習慣を見直し、改善に努めましょう。
不適切な生活習慣を改善することで動脈硬化は十分予防することができます。

sLOX-1を改善するために
LABを改善するために

LOX-index®検査会員登録のご案内

会員登録いただくことで様々な特典を受け取ることができます